奥歯のかみ合わせが低いと?

加齢のみでなく、奥歯の(顎の後方部分)咬み合わせが低くなる原因はいろいろあります。

咬み合わせが低くなる原因
1 歯の充填物が低い
2 冠、ブリッジが低い
義歯が低い、
4 矯正治療の結果低い
以上の人工の歯と、
5 自分の歯そのものが磨耗,削合されて低い
6 歯が抜けたり,傾いたり、虫歯になったりして低い
7 歯が圧下されて低い
等が考えられます。


構造上、顎の関節は下顎が持ち上がって上顎に近づき、下の歯と上の歯が咬み合って物をかみます。このことを踏まえて、上に挙げたような原因で、上下のかみ合わせがとどきにくい(低い)上下の顎の状態を咬合低下と言います。

この状態を正常に回復しようとして咬み合わせを高くする事(正常に戻す事)を咬合挙上と言います。

軸構造ではない顎の関節は複雑な動きをするのですが、歯を失ったり咬合低下により下顎が持ち上がって上顎に近づき 、顎の関節を圧迫するようになります 。この事はたった1、2本の歯が原因でも咬み合わせ全体が狂う事を意味します。これは大変重要な事なのですが大学の悪い教えや歯科界全体の認識不足により,多くの歯を治療して、冠を被せてある場合は、100%近くといって良いほど咬み合わせが低くなっています。

原因①②では虫歯の治療をする時に、上の歯と下の歯の間に隙間が出来るとすぐに下顎が持ち上がって来ます。
上述を認識した上で、これを防ぐ様に仮歯を作り調整しなければその日から咬み合わせが狂ってきます。 1本の歯に何回も治療が必要なケースはその都度、仮の歯を取ったり付け直したりしなければならないので 歯科医も患者さんもエネルギーが必要です。

そして残念なことに日本の健康保険制度では仮歯には治療費が無くて、初診料、再診料に含まれるので、 治療費はないも同然です。 
この為、等閑視される結果になるのです。 したがって幾度も歯の治療を他院で受けて来た患者さんは必ず(95%!!)と言っていいほど、奥歯の咬み合わせが低くなっています。 逆に言うと95%の歯科医は虫歯などの治療をしている間に、 かみ合わせを狂わす治療をしていることになります。③の義歯を入れた場合、顎堤の沈下することで義歯も下がり、ほぼ 1年目から人工歯の摩耗と平行して、咬み合わせが低下し続けます。下顎が変位する様子は,「下顎は変位する」を見てください。

歯の色味は本当はピュアなホワイトであることはまず無く、各々違いはありますが大多数の人が持つ歯のカラーはイエローっぽい系統やブラウンっぽく色が付着しています。
自ら自覚症状がない内に歯には裂け目ができているケースもあるため、ホワイトニングを受ける際は十分に診てもらうことが大事です。
長年歯を酷使し続けていると、歯の表層であるエナメル質はだんだんと摩耗して弱くなるので、中に存在している象牙質の持つ色味が徐々に目立つのです。
カリソルブという治療薬は割合細かな虫歯を治すのに使いますが、広範囲のむし歯に対しては適していないので、事前にご注意ください。
甘い食物をたくさん食べすぎてしまったり、毎日の歯のブラッシングをなおざりにすると、歯周病を引き起こす菌がはびこり、プラークが繁殖し、その挙句歯肉炎が起こってしまうということです。


口腔内に口内炎が発生する要因はビタミン摂取量の欠乏がその中の一部ですが、必要なビタミン類は気軽に摂りやすいサプリメントや薬局でも購入することのできる医薬品の飲み薬としても数多く市販されています。
大きい歯周ポケットという隙間には汚い歯垢が入ってしまいやすく、このように蓄積した時には、歯みがきだけおこなったのではすべて完全には排除できません。
今では医療の技術開発が著しく進行し、針の無い注射器やデンタルレーザー治療器を使用する事で、大分痛みを軽減する事のできる「無痛治療」という選択肢が開発されています。
大人と等しく、子どもの口角炎にもいろんな誘発事項が予測されます。とくに多いものは偏った食事と菌に集中しているようです。
本当ならば医者の数が多ければゆっくり患者を診てくれそうなイメージがありますが、皮肉にもそういう場所は流れ作業方式で患者を施術する診療所が存在するようです。


プラークコントロールと言えば、ハミガキを連想することが大多数だと予測しますが実際はその他にも様々なプラークコントロールの使い道があるそうです。
第一段階は歯周病の原因となる細菌が歯の表面に貼りつき、それが引き金となって歯茎が炎症を起こし赤くなって弱ってしまったり、歯のブラッシングをするといつも出血したりする状況になるのが歯肉炎の特性なのです。
シーラント法(虫歯予防法)は変わった技術ではありますが、保険の効く診療として実施できますので料金自身はさほど高額ではありません。
プロによるデンタルクリーニングは、歯周病の菌のはびこるのを防止する適切な処置であると科学的にも証明されており、ただ漠然と気持ちよいというだけではないという事です。
病気や仕事等が原因で疲労が重なってしまって体力が著しく衰えたり、栄養状態の不均衡な食生活がずっと続くことにより体調の優れない状況に変わると口内炎にかかりやすくなってしまうとのことです。

口の開け閉めが起こす筋肉の緊張をなくし、ずれてしまった顎関節内の奥を正常化させるリハビリを実践したり、顎関節の運動を順調にする医学的なトレーニングを実践してみましょう。
大人と同様、子どもにできる口角炎もいくつか理由が予測されます。なかでも多いものは、偏った食事によるものと細菌の作用によるものになっているようです。
長い事歯を酷使していると、表面のエナメル質は密かに傷んでしまって弱くなってしまうため、中の象牙質の持つ色味がだんだん透けて見えるようになります。
口内炎が出る理由は、ビタミンが足りないのがそのなかの一部なのは確かですが、必要なビタミン剤は簡易なサプリメントや、薬局でも買うことのできる医薬品の飲薬としても数多く市販されています。
口の臭いを和らげる効果がある飲料に、まずコーヒーがあげられますが、あまりにも飲み過ぎると口腔内の水分がカラカラに乾いてしまい、悪いことに口臭の元になる存在です。

恥ずかしい話ですが日本は歯の病気予防については後進国と言われ、欧米人に比べても、実際は日本人の歯の寿命は短縮傾向がみられます。理由は明白で歯に限らず病気予防全般に取り組んでいる考え方が異なるのだと思われます。
唾の効果は、口内の浄化と細菌の増殖を妨げることです。しかしながら、それだけではないとの事です。歯の再石灰化のためには唾液がどうしても要るために、分泌される量というのは肝心な事です。
入れ歯というものに対して抱かれる後ろ向きな心象や固定化した考えは、本人の歯牙との使った感じを比べるがために、どんどん増大していってしまうのだと推し量ることができます。
例えば継ぎ歯が変色を起こす要因として推測されることは、差し歯の色そのものが色あせる、歯冠継続歯の周りの歯が色褪せてしまったという2つの事象が残念なことにあるのです。
きちんとした日頃の生活を心に刻み、唾液に拠った修復作業をもっと促すという点を理解し、ムシ歯の予防措置という点を熟考する事が望まれます。

成人になったとしても永久歯はむし歯になってしまいますが、その性質上乳歯は、永久歯に比べると酸への耐性が劣るため、お手入れを手を抜いて行うと、乳歯に生じたむし歯はたやすく拡大します。
ホワイトニングの施術は、歯の外側の汚れた物質などを念入りに取り去った後で実施するのですが、それには自宅で行えるホームホワイトニングと歯医者さんで受けるオフィスホワイトニングという、方法の異なる2つのサービスが実用化されています。
近頃では医療の技術が一気に飛躍し、なんと針の無い無針注射器のシリジェットや痛みの少ない様々なレーザー治療器を使うことで、痛みを随分減らす事のできる「無痛治療」という手法が存在するのです。
審美歯科とは、見た目の美しさのみならず、噛み合わせや歯並びの不具合の修正によって、その賜物として歯牙の機能美をよみがえらせることを追い求めていく治療方法なのです。
歯周病や虫歯が進行してからデンタルクリニックに駆け込むケースが、多いと思いますが、予病気防のケアのために歯科に行くのが現に望ましい事です。